So-net無料ブログ作成
検索選択

躁うつ病の家内は、ソラナックスとか、いろいろな薬を飲んでます。家族は地獄です。 [鬱病]

躁うつ病の家内は、ソラナックスとか、いろいろな薬を飲んでます。家族は地獄です。

ここからは暗い気分になるので読まないでください。

家内が躁うつ病(気分障害)になってから7年以上になる。
その間に病院は4回、変わった。この3年は少し遠いが
名古屋大学病院で落ち着いている。

名大病院の欠点は主治医の転勤が多いこと。
現在は4人目の先生だ。

やはり名大ということで信頼感がある。
入院は3年前に一ヶ月したが最近も入院を勧められている。
しかし、入院すると大部屋しかなく
家内よりもはるかに重度の患者と同室となる。

24時間寝なくて独り言をずっと話している患者の隣や
お菓子を24時間食べている患者の隣の時はうるさくて眠れない。

ふと、目を開けるとしらない、おばさんがベッドの横に立っていて見つめている。
入院すると、もっと病気になるみたいだ。


自由に出はいりできないし、持ち物は割れ物等、リストカットする患者がいるので禁止だ。
通常の病室とはかなり雰囲気が違う。
拒食症のガリガリになった中学生から認知症の老人まで
様々な入院患者がいる。


ソラナックスは眠れないので処方された。
眠れないとイライラが酷くなり、よく食べて太ってくる
最初はレンドルミンという眠剤を処方された。

次に家内に一番効いているジプレキサを数を増やして投与された。
それでもイライラするときのために舐めて溶けるタイプのジプレキサを
もらった。他にも漢方薬とデパケンとリーマスを数錠飲む。

ジプレキサは食欲がわき太る
半年で15キロ太ったので家内は自分から飲むのを辞めた。
心配だったが調子が良い躁状態が続いているので
気分はそんなに悪くない。

先生がそのうち、鬱状態になったら、イライラしてくるので
ジプレキサが必要になるかもね。

実はこの一週間、家内は眠れなくなり眠剤もきかずに
痩せてきた。食欲もなくなってきた。イライラも始まっているようだ。

うつ病でなくても眠れない人は うつの始まりかもしれません。


鬱病で処方された薬を薬漬け状態で飲んでいると
さすがに効いてくる。眠れるようになり、
ぼ〜っとして歩くのもヨチヨチ歩きになる。起きている時も上の空だ。

眠れるようになるとイライラが治まる。そして
副作用で体重が8キロくらい増加していることに気づき、再び薬をやめる。

眠れれば薬を減らしていける。
手の震えが止まらないのでリーマスを止める。
食欲を抑えるためにジプレキサを減らしていく。

躁うつ病の、鬱状態は嫌だ。家族は地獄を味わう。
そして
こんな病気は、家族全員にうつるよ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。